永代供養を行ってもらうお寺を選ぶポイント

永代供養とは、従来の一般のお墓ではなくお寺で遺骨を永代供養墓に納めてもらい、供養を行ってもらうものです。


お寺次第で色々な違いが出てきますが、永代供養を選ぶポイントを抑えておきましょう。

OKWaveの知りたかった情報がきっと見つかります。

まず、費用ですが一括で支払いをすれば、後は、お布施や年間管理料、寄付などの負担が無いのが普通ですが、お寺によっては年間管理料が別途発生する場合もあるので、予め確認を行っておけば安心です。

神奈川の永代供養情報の豊富さで有名なサイトです。

次に、立地条件です。



お寺が維持管理をしているとは言っても、アクセスがしづらい遠方であれば事前に面談をするにも時間も手間もかかります。

遠方であってもどうしてもそのお寺で永代供養をしてもらいたいという希望が強い場合を除けば、やはり、居住地から近いところなら無難です。そして、供養を何回忌まで行ってもらえるかも大切なポイントです。

一般的には、三十三回忌まで行ってもらえるのが普通ですが、中には、十七回忌で終わり、それ以降は合祀墓としてまとめて供養を行うようになる場合もあるからです。

それから、お寺へ足を運んで実際に住職と面談した時に信頼できると言う気持ちになれるかどうかも重要です。

後々、一般のお墓のように維持管理が不要になると言っても、自分が亡くなった後、安心して任せることが出来るかどうかの判断は自分しかできないからです。
後々、親族から遺骨を取り出したいという要望があるケースも少なくなりません。

身近な人とも良く話しあった上で、検討をしてから永代供養を選ぶかどうかを慎重に見極めることも重要です。