• 布団の打ち直しは定期的に

    寝るときに布団を敷いて寝ている人、最近ぺしゃんこになってきたと感じていませんか。
    布団にも打ち直しと言って、メンテナンスが必要なのです。

    布団の打ち直し情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

    打ち直しの目安として、敷布団で3年、掛け布団で5年経過したら打ち直しが必要と言われています。これはあくまでも目安で、使用する環境、寝る人の体重や汗をかきやすいなどの体質、気候、普段の使用状況によって変わってきます。



    一番大きな目安としては、干した時に膨らみにくくなったときです。



    膨らまないということは、綿布団の最大の利点でもある水分の吸湿性、発散性が無くなっている合図だからです。

    このような状態だと湿気が飛びにくくなって、夏は蒸れて暑く感じ、冬は冷たくひんやりとしてしまいます。状態が悪くなったら新しいものに買い替えれば簡単かもしれません。ですが、打ち直しをすることによって愛着のあるものを再び使っていくことはエコの観点からもよいのではないでしょうか。

    打ち直しは、古い生地をはがし中の硬くなった綿をほぐしてゴミを取り除き殺菌処理して不足している綿を足していきます。

    ほぐした綿を繊維を整えながら薄く幾重にも重ねてシート状にして新しい生地に入れて仕立て直していきます。このような工程を経てふかふかの新品のような状態に生まれ変わるのです。

    生地や中に使う綿の種類によっても料金は様々です。
    インターネットで受け付けしているところもありますので、比較して検討してみてはどうでしょう。

  • 布団の納得の真実

    • 布団は打ち直しができます。打ち直しとは、仕立て直し、リフォームのことです。...

  • 布団の専門知識

    • 布団も打ち直しというリフォームを行うことで、新品と同様にふっくらした状態に変えることができるのをご存知でしょうか。しばらく使っていなくて押し入れに入れたままにしていて、煎餅のように薄くて硬くなったから捨ててしまうのではもったいないですし、新しく買うことを考えたら布団を打ち直した方が安く済むメリットもあり経済的です。...

  • 布団のよく解る情報

    • 布団は長年使っていると、だんだんと綿の柔らかさがなくなっていき、いわゆる「せんべい布団」になってしまい、寝心地が良くありません。最近では新しいものを安く購入できるので、ついつい新しいものを購入しようと考えてしまう人も増えていますが、日本の良い伝統文化の一つとして、布団の打ち直しというものがあります。...

  • 布団のわかりやすい情報

    • 購入した当初は綿がふかふかで寝心地の良かった綿布団も、何年間も使い続けていくと経年劣化していきます。次第に中身の綿が固く変質してしまい、空気を綿の中に充分含めなくなってしまうのです。...