布団の打ち直しで快適に - 布団の打ち直しは定期的に
  • 布団の打ち直しで快適に

    布団は打ち直しができます。打ち直しとは、仕立て直し、リフォームのことです。



    長い間使っていると綿の布団は厚みがなくなってボリュームがなくなってしまいます。

    これは体の重さによって綿の繊維が潰されてしまうことにより起きます。

    しかし硬くペチャンコになってしまったからといって捨てる必要はありません。

    打ち直しを行うことにより、リフォームができるからです。

    打ち直しは、いったん解体し、汚れを取り除いて綿を柔らかくふっくらさせて、新しい側生地に包むことで行われます。


    綿をほぐす作業によってゴミや塵を取り除いたり、高温で処理してダニ対策を行うなどの処理をすることができます。



    側生地も新しい物に換えますから新品のように生まれ変わります。
    リフォームですから、サイズを変えたり、他のものに作り変えることも可能です。
    掛けを敷に、敷を掛けに変えるということもできますし、大人用のものから子供用の布団を作り変える、こたつ用に作り変える、といったこともできます。

    側生地が破れてしまった場合にも、新しいものにできます。



    重たくて上げ下ろしが大変というときには軽く作り変えるという選択もできます。
    布団は快適な状態にリフォームできますから、重たいものや汚れたもの、ペチャンコのものを我慢して使い続ける必要はありません。
    使わない物があれば、今必要なものに作り変えることも可能です。
    布団のことで不満があるのなら、打ち直しを検討してみることをおすすめします。